バンカーショット

多くのゴルファーがバンカーからのゴルフスイングに手を焼いています。バンカーショットの練習に励もうとしてもその環境がないためです。いわば、仕方がない部分があるわけです。ゴルフスイング関連情報の毎日です。

ゴルフスイングの具体的な問題点としては、インパクトでハードな砂の抵抗を感じてしまい、意識せずともヘッドの動きを止めてしまって、振り抜くことができていないようです。

脱出するだけであれぼ、バンカーからのゴルフスイングはそれほど難しくないとできる人はそう言います。砂の抵抗に立ち向かって、しっかり振り抜くことを覚えるだけでよいと言われても人生の中で苦しい道は避けてきた自分には酷なはなしです。

砂の上にSWのヘッドの先端で引いたラインに沿って砂を叩いて振り切るという練習を積めば良いのは言われなくてもわかっている人が大勢いるでしょう。

この練習を続けるだけで、だれでも一発でバンカーを脱出できるのなら苦労する人はいないと思います。

どうしてもなれないうちは、砂を厚くとったり浅くとったりばらつきがあるので、砂を叩いた跡が不規則になるからわかります。しかし、慣れてくるとこの練習で、徐々に砂の上にきれいな連続的な模様が浮かび上がってくるようになってきます。

でも、砂の抵抗には敵わないので、高いフィニッシュをとるのが絶対に不可能です。それでも構わないと言ってもらえるのであれば、少しずつ振り抜けるようになるかもしれないし、砂を高く遠くへ飛ばす喜びがわかるかもしれません。

こうなれば、バンカーショットの極意がマスターできたと早合点する人もいるでしょうが、ゴルフスイングの上達の道は厳しいです。

曲がるラインのパット

パターマットを使ったゴルフスイングの練習から説明しましょう。2メートル先のカップに向かってストレートにボールを転がす練習を続けるだけで、確実にコースでのパット数が減ると言われましたが、事はそう単純にはいきません。

ストレートに打ち出すことさえできれば、大抵のパットは入るからなのはわかりますが方向性が安定しません。グリーンでは、真っすぐのラインが多いでしょうがそううまくいかないわけです。

また、上りのスロープであれば、少しカーブしたラインでも、強いでストレートに打てば入ることもあるのでしょうか。どんなラインであってもそれを読むのは難しいことです。

だから、定めた仮想的な目標に向かってストレートに打ち出すゴルフスイングをしても入らないわけです。

2メートルをストレートに打つ自信がつけば、コースに出てからラインとタッチに集中できるかもしれませんが、自信なんて全然持てません。

グリーン上で、ヘッドをストレートに引こうとか、ストレートに出そうなどと考えているのは、良くないことでしょうか。

打ちっ放しのゴルフ練習場にじゃパット練習場は付設されていません。だから困るんです。

20~30ヤード先の目標に向かってストレートに打ち出すパット練習に励むことはできないわけです。長めに刈られた高麗芝の重いグリーンであれば、距離感にはまったくこだわらなく良いのでしょうね。うらやましい限りです。

遠くの目標に向かってストレートに打ち出せるようになれば、コースの本番グリーンでは距離感に集中できて3パットを防げるのでしょうね。もうわかりました。目標に向かってストレートに打ち出せるようになることがパットのゴルフスイング上達のカギなのですね。

林からのゴルフスイング

林の中は多くの枝や葉で埋め尽くされていて、脱出できる空間は限られてしまうことは皆さんご存知だと思います。しかし、すき間が全く見つからないわけではないでしょう。そこで、脱出するには、どこのスペースを狙うかをまず最初に決めることが必要です。

そして、そのスペースをうまく抜くにはどういうゴルフスイングをすべきかを考えます。通常ですとボールの後方から目標ラインを定めるという方法をとりますが、方向はイメージできても、弾道まではなかなかイメージできないものです。

そこで、ボールの真横に立って、飛んでいくボールのイメージを頭に思い浮かべましょう。頭の中で、枝や葉に触れずに、うまく林から脱出できたナイスショットをイメージするのです。「7番アイアンの高さだな」という具合に、ボールが飛び出す角度を具体的にイメージしやすくなるでしょう。

方向と弾道さえうまくマッチすれば、たとえ50センチのスペースでも抜くことは可能になります。ただし、方向はまだしも、弾道を調節するのは非常に難しい技術です。そこで、より安全な脱出法を紹介しておきます。

非常に単純なことなのですが、低い弾道のボールを狙えばいいのです。枝と枝の空間より、枝の下のほうがずっと広い空間があるので、そこをを狙うわけです。ボールのセット位置は右足寄りにして、フォロースルーを取らないでアドレスの位置で止めるイメージのゴルフスイングをしてください。

右足側にボールを置けば、自然とハンドファーストになります。クラブのロフトが立つ状態になるため、低いボールを打ちやすい条件が整います。クラブはロフトの小さいロングアイアンを選ぶのが良いと思います。ロングアイアンを短く握りしめて、コンパクトにスイングすることが大切です。

ライの良くない林の中からのショットでは、ボールをクリーンにヒットできないと、ダフリになって脱出どころの話ではなくなってしまいます。スイングする前に十分に状況を確認しましょう。